毛穴が開いて隠し切れない!そんなときの根本対処法

毛穴が開いて隠し切れない!そんなときの根本対処法

毛穴

毛穴の開きが気になっている女性って多いと思います。特に夏になると毛穴が全開になっているような気がするし、皮脂が多く出る時期ですので毛穴目立ちが気になりますよね。
今月の雨宮悠天のレギュラーラジオ香る毎日@FMいずみでは、は気になり過ぎる毛穴目立ちをなんとかして悪化させない方法をお話してきましたのでそのレポートとしてこちらでもお伝えさせていただきます。

 

そもそも毛穴目立ちの原因って何なの?

 

「特に夏になると毛穴が目立って見えてしまう」と感じている女性は多いと思います。

 

その毛穴の目立ちの原因からお伝えしましょう。

 

夏になると大量に汗をかくのでなんとなく肌が乾燥している状態とは無縁のように思えるのですが、実はとてもお肌がカラカラな状態、というのは先月の放送でお伝えしていました。

 

まずは夏はかなりの乾燥状態になっているという前提で毛穴目立ちの原因3つをお話ししますね。

 

これが毛穴を目立たせていると考えられる原因だ!
  1. ストレスなどを原因に男性ホルモンが増加、皮脂が過剰分泌
  2. 皮脂を栄養にアクネ菌が増殖、皮脂を遊離脂肪酸へ変え、遊離脂肪酸が劣化すると結果的にコラーゲンが破壊され毛穴がすり鉢状に凹んで見える
  3. 乾燥の防止反応とし保水力のない未熟な細胞が生み出され乾燥が激化、水分が肌に不足して毛穴が余計に目立つ

 

どうでしょうか? こうして原因を聞いてみると ゾッとしませんか? 

 

特に毛穴のコラーゲンが破壊されてすり鉢状に凹んでしまうのでとても厄介、行き当たりばったりのケアではなかなか思うようにいかないんです。

 

まずはこの原因に対して予防と改善できる対処法としてのケアを考えてみましょう。

 

気になりすぎる毛穴目立ちの対処法

■皮脂の過剰分泌への対処法
皮脂が過剰分泌する点については、まずはストレスをため込まないことが大切です。

 

イライラした状態だと、交感神経が優位になって皮脂腺が刺激されて結果的に皮脂が過剰分泌されます。

 

他に皮脂が過剰分泌されてしまう原因として肌の乾燥が挙げられるので、夏の保湿ケアは入念に行っておきましょう。

 

■遊離脂肪酸への対処法
遊離脂肪酸が劣化すると、結果的にコラーゲンが破壊されやすく、毛穴がすり鉢状になって見えてしまいます。

 

まずは皮脂を長時間放置しない、過剰分泌するまえに適度に皮脂をふき取って保湿ケアも同時に行いましょう

 

そして皮脂の劣化が起こらないように日頃の化粧品を「ビタミンC誘導体」など抗酸化ケアできるものに変え、皮脂の酸化が起こりにくいようにしておきます。

 

すり鉢状に凹んでしまった毛穴はそもそも細胞が変質しているので、元どおりにすることはできません。この細胞ははやめにターンオーバーさせて新しい細胞を浮き上がらせることを考えましょう。

 

以上が毛穴ケアの予防と改善のケアとなります。

 

「すり鉢状に凹んでしまった毛穴はそもそも細胞が変質しているので、元どおりにすることはできない」と聞いてショック!となったかもしれませんが、原因一つ一つを潰していけば肌は何かしら反応しれくれます。

 

また、目立つ毛穴をパウダーファンデーションなどでカバーし、見た目の不快感も軽減するようにしたいですね。

page top